かすていらの由来

  • HOME
  • かすていらの由来
かすていらの由来

かすていらという名前は、昔スペインにあったかすていら王国で初めて作られたことで、かすていらと呼ばれるようになったと言われています。

約400年前、かすていらは長崎県佐世保の景勝九十九島の北につらなる平戸島に南蛮文化とともに伝わりました。貿易港が佐世保港外の横瀬に移る時期といわれています。
その後、長崎が貿易港として栄えるのに合わせて、かすていらは長崎にも伝わり、全国に広がり有名になりました。

かすていらの由来

当店の製品は、佐世保が日露戦争特需景気に沸く明治38年から113年にわたり、「佐世保 松月堂のかすていら」という愛称で長崎県から東京、北海道の方々にまで親しまれております。

昭和36年、天皇皇后両陛下の御巡幸のときには、両陛下の御用菓子として選ばれました。